硬貨

不動産投資の強い味方

マンション

面倒事から解放できる

不動産投資の方法には様々ありますが、そのひとつにサブリースがあります。サブリースとはサブリースを執り行う不動産会社が、物件のオーナーから賃貸物件として一括で借り上げた上で、入居者にその物件を貸し出すことです。オーナーにとってのメリットとして、実際の入居者の存在の有無に関わらずに一定の家賃が保証されているということです。また、本来ならオーナーがやらなければならない家賃の集金や入退去に関わる手続きといった業務を任せることができるので、賃貸経営の初心者でも始めやすいのが魅力となっています。サブリースの会社が実質的に賃貸経営を代行することで、様々な管理に関わる手間からは解放されますが、経営者として全くリスクがない訳ではありません。先ず収入の面での差が出てきます。自ら経営しているのであれば、家賃収入は全て自分のものになりますが、サブリースを利用する場合は保証される賃料は相場より低く、70%〜90%くらいになります。更に敷金礼金などもサブリース会社が得ることになります。これは、経営管理を任せるという点で必要経費といえなくもないですが、サブリース会社によって対応に差があるのが現状です。数年から数十年と長期に渡って関わる事になりますから、オーナーはどの会社に任せるのか慎重に選ばなければなりません。何故ならば、契約が決まった後からでは簡単にやり直しができないからです。サブリースとはいわば、投資信託のようなものなのです。